フィリピン留学の特徴

フィリピン留学が日本や韓国で増えてきています。

フィリピンは英語の普及率が高い国で語学学校もセブ島などの観光地や首都のマニラをはじめとして、各地にあります。

英語は多くがフィリピン人講師から学ぶことになりますが、なまりもなくアメリカ式であり、スラングなどもあまり使わない傾向にあります。その為なまりがうつるという心配をする必要もありません。

心配な場合はネイティブの講師がいる学校もあります。フィリピン留学の特徴としては授業がマンツーマンが多く、グループレッスンでも少人数制で英語を実際に話す機会が多いことから、その分上達も期待できます。

授業時間も1日6時間、短期間で学びたい人にはスパルタ式の10時間という学校も見られます。授業内容は初心者から学べるコースから上級者まで対応しており、例えば、ビジネス英会話やTOEICなどの試験対策などもみられます。

費用面でも欧米へ留学する場合と比較して約3分の1程度に安く抑えることが出来、宿泊施設も学校から徒歩圏内にある場合が多く便利です。

治安面での心配もあるかもしれませんが、観光地などはフィリピン政府の対策もされており、夜遅くに出歩かない、貴重品の管理をする、危険な場所に近づかないなどの最低限の事を守れば不安や危険はありません。

フィリピン留学は学校によって授業時間、内容、設備など違いがあるため自分に合った学校をよく比較して選ぶということが大切です。自分の目的を明確にして自分に合った学校を探すことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *