アメリカ留学の特徴とメリット

何と言いましても、アメリカに関しては大学数が非常に多く、専攻についても多種多様な分野から選定することができます。

日本や、イギリスそして、オーストラリアなどと対比させてみると、数が断然多くあります。専攻分野に関しては、日本国内にはないものがいくつも存在します。特徴のあるものでは、オークションに関して照準を合わせて学ぶプログラムであるとか、コンテストの勝利法そして、ゴルフコースの運営管理法などといったプログラムまでありまして、自分の条件に合う専攻分野を見いだすことができます。

それに加えて、日本国内の大学につきましては、学部を明確化して受験することになりますが、アメリカに関しては2年に至るまで一般教養を学習するためその期間に専攻分野を決定すればよいことになっています。さらに、いろいろな専攻を合わせて学習することもでき、生徒が相対的に自由自在に自分自身のためのプログラムを構成して勉強することができます。その上、学習をしていく中で、入校した大学に学習したい専攻分野が見当たらない場合、他の大学へと編入することもでき、相対的にアクティブに行われています。

そして、アメリカの大学は原則として日本国内と変わらない4年制ですが、単位制ですから留学して単位を確保してしまえば、短期間での卒業もできます。夏の休暇にサマースクールという夏のシーズンにも単位が入手できるコースがありますので、アメリカ留学でそうしたものを利用すれば日本人の留学生でも3年から3年半で卒業する生徒もいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です