アメリカ留学と預金口座

アメリカ留学をする場合には、現地でのさまざまな商品やサービスの支払いのほか、日本からの仕送りなどに対応する意味でも、やはり現地の銀行で預金口座を開設しておくのが適当です。

もっともアメリカと日本とでは銀行のありかたなども異なる部分が多くありますので、留学にあたって事前に情報収集をしたり、先輩や経験者などからよく話を聞いておくこともたいせつといえます。たとえばアメリカで銀行口座を開設する場合には、通常はその人の身分確認のために運転免許証などの身分証明証とともに、社会保険番号の提出を求められるのが普通です。

しかし短期の留学の場合には、こうした番号などは発行されていませんので、学生証番号などの別の番号で代用ができないかどうかを確認しておく必要があります。また預金口座についても、日本では普通預金口座を日常的に財布代わりに利用していますが、アメリカの場合はどちらかといえばしっかりと貯蓄する目的で普通預金口座を利用し、日常利用には当座預金口座のほうを利用するのが一般的です。

日本では当座預金口座といえば、株式会社などの企業が小切手や約束手形を振り出すために利用しており、一般の人にはなじみが薄いものです。しかしアメリカ留学をした場合、一般の人でも現地で多額の現金をやり取りする代わりとして小切手を使用し、そのために当座預金口座を開設しておく必要が出てくるケースも多いことは覚えておいても損はないといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です