オーストラリア留学後の各種のサポート

オーストラリアに留学した場合、現地の生活文化の事情は日本とはまったく異なりますので、いろいろと戸惑うこともあるはずです。

こうした場合に何らかの公的なサポートが受けられるかどうかですが、一般にはオリエンテーションのようなカリキュラムを経て実際の学業にはげむというプロセスをとるのが普通ですので、この段階でさまざまな知識を吸収しておくことがたいせつです。

またオーストラリアの大学には学内に語学や学業などについての留学生からの相談を受け付けるセクションがありますので、こうしたところに相談をして、しかるべきサポートを依頼するのがベストといえます。専門家としての留学生アドバイザーもおり、通常は国際的な問題に関して理解のある経験豊富な人材が充てられていますので、困ったことがあればうやむやにしてしまうのではなく、ただちに相談の上で善後策を考えたほうが、トラブルをそれ以上拡大させずに済み、結果としては有利です。

ほかにオーストラリアの留学生が互助的につくっているコミュニティとしての留学生協会などがさまざまなところにあり、ここで相談をするのでも、仲間を募るのでも、多様な活動の舞台とすることができます。もしも相談というよりも苦情に近いケースの場合には、オーストラリアのそれぞれの州にはオンブズマンとよばれる存在がおり、独立して調査なども行っていますので、くわしくその内容を訴えて改善を求めることも考えられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です