アメリカ留学とクレジットカード

アメリカ留学をするのであれば、現地でさまざまな商品を購入したり、サービスを受けたりするためのお金の用意についても考えておかなければなりません。

その場合ですが、日本国内のように現金を常に持ち歩いて店舗などで決済をするという習慣はあまりなく、クレジットカード決済などの手段のほうがより発達しているといえます。もしも実際に実際に留学をしたあとでクレジットカードを取得しようとするのであれば、現地の銀行やカード会社で申込書を受け取ることは可能ですが、申請の際には銀行口座や収入状況、アメリカでの居住歴などをくわしく書き入れなければならないので、なかなかめんどうな手続きが必要になってきます。

特にアメリカでの滞在が留学目的であれば、現地で仕事をして多額の収入を得ているということはまずあり得ない話ですので、この点だけでもクレジットカードの審査を通過できない懸念が大きいといえます。こうしたことから、アメリカ留学を考えているのであれば、事前に日本にいる段階からクレジットカードを取得しておき、そのカードをアメリカ国内でも利用するようにするのが得策です。

もちろん日本国内だけでしか使えないようなクレジットカードは論外ですが、通常は世界各国でも使える国際ブランドが付帯しているはずですので、あまり心配をする必要もないといえます。なお留学先でもカードの紛失などの思わぬ事態は想定されますので、カスタマーセンターなどの連絡先は普段からしっかりと押さえておきたいところです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です