留学前にやっておくべきこと

留学したいと思うなら、まずはお金の用意をしなければなりません。

とてもお金のかかるものですから、計画的に貯めて行くことが大切です。親などから援助が得られる人は問題ないかも知れませんが、親にとっても大金なので事前に相談した方が良いです。次に現地語力を高めておくことが必要です。留学すれば勝手に身に付くと思うかも知れませんが、実際にはそうではありません。必死にやれば身に付くものなのです。現地に行ってから本気になったのでは上手く適応できない可能性も高くなり、効率的に学べません。

日本にいるうちに基本的な会話はできるようにしておくべきです。基本ができていれば慣れるのも早く、留学しても困らないし、ある程度は分かっているので効率的に学べるのです。留学先選びだって現地語ができなければスムーズに行えません。このためにも現地語能力が必要です。現地に行ってから決めても良いですが、ある程度の候補は日本で絞っておくべきです。

滞在先を決めるのも目星をつけておかなければどうして良いかも分かりません。予算も立てられず、お金の心配も大きくなってしまいます。留学先で学びたい内容については基本を日本で習得しておくべきです。全く分からないことを外国語で習うことはとても大変で、非効率な学習方法になります。ある程度の知識を予めつけておけば、言語の問題も解決しやすくなるので、学びたいことの基礎は日本で日本語を使って習っておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *