留学の滞在地を決めるための各国ごとの特徴について

留学に行く際に重要になってくるのが滞在地だと考えられます。

しかし候補がたくさんありすぎてどこがいいのかわからないという方も多いでしょう。そこでいくつかの国について簡単にまとめていきます。まず挙げられるのがアメリカで、世界をリードする大都市と都市ごとに異なった特色があるのが魅力です。語学留学の場合でも大学キャンパス内で学べるコースもあり、ある程度のレベルに到達したら現地の大学生と一緒に授業を受けることができます。続いてはカナダが挙げられます。カナダは英語とフランス語が公用語で語学教育が盛んな国です。

比較的英語もクリアでわかりやすいため海外初心者に優しい国民性です。またオーストラリアは治安が良く親日派で安全に過ごしやすい国です。移民を受け入れていることから語学教育に熱心であり、私立の数よりも公立の数の方が多いという特徴があります。続いてはニュージーランドで、年中暖かい気候と壮大な自然に囲まれて生活がしやすい環境になっています。

アットホームでホームステイ経験の長いホストファミリーが多いため、初心者でも安心して生活することができます。続いてはイギリスで、世界的に有名な大学が多いことから教育水準は高く学ぶための環境も整っています。また街並みは伝統的なたたずまいと最先端の雰囲気が混合したイギリス独自の雰囲気があります。続いてはアイルランドが挙げられ、ヨーロッパの英語圏の中でも治安が良く物価が安定しています。また日本からの留学生が少ないためフレンドリーで話が好きな国民性も利点として挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *