留学するのに適したレベル

留学するのに適したレベルは、中級以上になります。

語学だけに限らず、何でも中級者以上になってから留学は検討した方が良いです。外国に行けば、外国語で何かを習うことになります。母国語の日本語と比べて、理解がしっかりとできなくなるので、初心者や初級者は日本で日本人から学んだ方が良いのです。日本語で英語の文法を理解できなければ、英語で英語の文法を説明されたら、ますます分からなくなるだけです。基礎は日本で済ましておくことが留学には大切です。基礎ができていて、多少の外国語ができれば、海外でも立派に何かを学ぶことができます。

専門知識が語学の理解を助けてくれたりもするので、語学以外を学んでいたとしても、語学力も伸びる場合が多いです。逆に専門知識が日本語で習ってもよく分かっていないなら、外国語で学ぶとますます分からず、全く分からないから語学力も伸びないという状態にもなりやすいので注意が必要です。

海外では誰もが語学で苦労しますが、専門分野の能力が高ければ、打ち解けたり、周りの人と理解し合ったり、認められる場合が多いです。語学が全くできないと問題になる場合もありますが、外国人なので、語学が苦手なのは仕方ないこととして許容されます。まずは日本で認められて、素晴らしい能力を身に付けることが大切です。日本で通用するなら、本場でも通用する場合が多いので、日本の教育環境も捨てたものではありません。初心者や初級者向けの教育環境は日本の方が良い場合も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *