短期間の留学でも効果はある

留学というと長期間になる場合がありますが、短期間の留学でも英語力の向上に役立ちます。

海外の大学に入るときは、高度な英語力を持っていなければなりません。英語力がなければ、授業を理解できないので落ちこぼれてしまいます。大学の授業を理解できるような英語力を身に付けるのは容易ではありません。まず英語に慣れるために短期間留学する方法もあります。日本にいたら、日本語を使えるので、英語の力はなかなか伸びません。しかし、外国に行けば、日本語は使えなくなります。生活の中でどうしても英語を使うようになるので、英語力が伸びるのです。

特にリスニングの能力が向上します。自分のまわりで絶えず英語が話されているので、24時間英語が耳に入ってくる環境になります。そのような環境だったら、最初は聞き取ることが難しくて次第に聞き取れるようになります。短期間留学するなら、語学学校が好ましいです。語学学校にはいろいろなコースがあります。上級者向けのコースもあれば、初級者向けのコースもあります。

初級者向けのコースだったら、先生はゆっくりとしたスピードで英語を話してくれます。普通の会話は聞きとれなくても、ゆっくりとした話し方だったらリスニングが苦手な人でも、その内容を理解できます。初級者のコースに参加するのは英語のネーティブではありません。日本人と同じように英語を第二外国語にしている人たちです。英語を得意にしているわけではないので、劣等感を感じないで授業に参加できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *