多民族国家であるカナダはアジア人留学生にもぴったり

カナダは北アメリカ大陸の北部にある国です。

人口はおよそ3500万人ということで、国土の広さの割には少ないと言えます。そのため、都市部においても比較的ゆったりと過ごせることでしょう。東京に比べると、圧倒的に緑の量も多くなっているのが特徴です。雄大な自然の息吹を感じながら留学ができるため、世界中の学生たちに人気が高いです。現地では日本人だけではなく、アジア各国の留学生もよく見かけます。

しかしそもそもがアメリカと同じような多民族国家であって、人種の数は200を超えているのでアジア人留学生がいても違和感はそれほどないです。現地の人たちも留学生に対して優しく接してくれるので、さすが先進国だと感じることが多いはずです。人種差別については他の国ほど気にしなくてもいいでしょう。カナダで留学をするならバンクーバーやカルガリー、ビクトリアといった太平洋側の都市か、モントリオールやトロントのような大西洋側の都市か、どちらかを選ぶことになります。

季節によってどちらが過ごしやすいかを調べて行き先を選ぶといいでしょう。この辺りの都市であれば、寒さもそれほど厳しくはありません。とくに夏休みを利用してカナダへ行くのであれば、寒さについては心配無用です。北海道や東北に住んでいる人なら、むしろ暖かく感じることもあります。医療レベルは世界でもトップレベルにあります。何か病気があって海外へ行くのが大変だと感じている人でも、カナダなら選びやすいはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *