フィリピン留学でフィリピン訛りの英語になる事はない

日本人は何事にも完璧を求めがちです。

世界的に見ても異常なまでにあらゆることに完璧主義であるため、英語の発音も完璧でなければならないと考えてしまうようですが、実際に世界に出てみれば、それぞれの国の人々がそれぞれのお国訛りの英語で話していてもコミュニケーションが成り立つことがわかります。逆に考えれば、日本にいる外国人が話す日本語は、やはりその国独自の訛りがあり、完璧な発音の日本語ではありません。それと同じように日本人がしゃべる英語も日本語なまりの英語であってもコミュニケーションをとる上では特に支障が無いのです。

これまで英語を習得するために語学留学先として選ばれてきたのはアメリカやイギリスなどが中心でした。けれどもこれらの国々は日本とほとんど物価も変わらないため留学費用はかなり高額な金額になるのが普通でした。そんな中で今注目を集めているのがフィリピン留学です。日本から距離的にも近く、物価も日本よりもかなり安いため、留学費用や渡航費をかなり抑えることができます。

フィリピン留学をするとフィリピン訛りの英語が身についてしまうと敬遠する人もいるのですが、英語でコミュニケーションをとれるようになることが目的ならばフィリピンを留学先に選ぶことはとても多くのメリットがあります。しかもマンツーマンで行われる授業時間が多いため、会話量がたっぷりと確保できるのが魅力です。フィリピン訛りを気にするよりも、より多くの英語に触れることができ、しかも費用を抑えられるフィリピン留学は、語学の習得を目指す人にはとてもお勧めの留学先だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *