高校留学のプランニングとその後の進路

高校留学をした後の進路に関しては、日本の大学などに進学するか、海外の大学に進学するかという選択肢が得られます。

日本の大学の場合は、帰国子女として入学するというオプションが使えますし、すでに十分な語学力があるはずなので通常は半年から1年近く必要な語学学校をスキップして、そのまま海外の大学に進学することが可能です。海外に進学先を求められるということは、大学や専攻のオプションが英語圏はもちろん、非英語圏で英語で授業を提供している教育機関も含めると格段に選択肢が増えることを意味しています。

日本の大学も当然、選択肢の一つであり、その場合は帰国子女枠に入ることで、典型的な日本のお受験を経験する必要がないのが大きなメリットになります。高校留学では必ずしも、現地の高校の卒業を目的として複数年の留学をしなくてはならないということではなく、1年間だけ、半年だけというパターンも多いです。これぐらいの期間の高校留学であれば、心理的な敷居は少し下げることができます。

リスクヘッジのために現行の日本の高校を休学し、様子をうかがうために半年から1年間通ってみて、それから次の年をどうするか決める方法もあります。ただし、いずれの場合もそういった可能性、プランを日本の学校と現地の学校と両方にしっかりと説明し、合意を得ることが大事です。それをしないと、1年経過したら籍がなかったとか、現地で取得した単位が認められずに不本意にも留年することになるので注意します。また、単年留学にはアメリカの交換留学なども含まれます。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *