企業がチャットボットを導入するメリットデメリット

企業がチャットボットを導入することにはさまざまなメリットがあります。

そして、その中でも最大のメリットとしては、業務の効率化があげられます。多くの企業が顧客からあるいは車内からの問い合わせに対応している中で、同じが何度も繰り返されるという経験をしたことがあることでしょう。そのような質問に逐一対応することは、オペレーターに大きな負担をかけてしまいます。この部分の自動化を実現できる技術こそが「チャットポット」です。

ゆえに、その導入は業務の大幅な効率化を見込めます。また、その業務の効率化は結果として人件費の削減につながる点もその導入にあたってのメリットです。さらに、人数を下らした中であっても同じ質問に回答する手間などがなくなるので、オペレーターのストレスの軽減や教育コストの軽減を期待することができます。ただし、チャットボットの導入はすぐに行えるものではありません。

これまでに蓄積してきた大量のデータを整理したうえでシナリオ型の場合はシナリオを、一問一答の場合質問と回答の形でFAQを整理してからそれぞれをAIに学習させる時間が必要です。また、データがない質問にチャットボットは答えることはできません。答えの準備がない質問が多くされてしまうと、チャットボットの存在がかえって業務効率の低下や何よりも大切な顧客側の満足度の低下につながるリスクがある点には注意が必要です。このような事態を避けるためにも、企業側はその導入にあたってしっかりと準備する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *