社内で活用しても便利なチャットボット

今はどこかホームページを訪れると、チャットが質問に応答しますという表示が出てくることが非常に増え、そのため基本的に顧客対応用のようなイメージがあるチャットボットですが、これを社内にて活用することも便利だと思います。

仕事中には、人同士でわざわざ連絡を取るのが面倒くさいと思われるようなことでも、気軽な質疑応答の場があってくれたらと感じることは多いのではないでしょうか。例えばホームページ上の顧客対応サービスにおいての例で言うなら、お問い合わせページからお問い合わせをするより前に「よくある質問」一覧を参照するようなことです。

そういったレベルの質問は、社内の仕事のこととなると顧客としてどこかのホームページを見ている際の疑問より煩雑なものにはなるし、尋ねる側は絶対に質問したいことになるでしょう。しかし質問者の他の人にとってはそれに一々生真面目に対応するのは確かに手間なので、案外解決の場は開かれなかったりします。そういうものに対して、チャットボットは対応するのに向いていると言うことが出来ます。

何せチャットボットは、投げかけられたことに対してデータベースを参照して自動的に答えを返す仕組みですから、煩雑であってもほとんど定型的な答えとなりそうな基本的な質問応対をするようなやりとりには強く、難なく返すことが出来ますし、従ってそれ以外の重要な質問のあぶり出しをすることも可能にします。どんどんチャットボットに聞きたいことを聞いて、基本的な質問の場合はその場で回答をもらい、そうでなくやはり人同士で顔を突き合わせないといけないレベルの疑問の場合は、誰か社内の人に聞いて下さいと返すようにすれば、非常に効率的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *