社内チャットボット導入時の注意点

社内問い合わせの自動化やマニュアルの体系化を目的にAIチャットボットの導入を検討する企業が増えています。

一方で、せっかくお金や時間をかけてチャットボットを導入したのに、期待した効果を得られずその導入が失敗に終わった事例も数多く存在します。そのため、そのような失敗をしないためにもその導入にあたっては事前にいくつかのポイントをおさえておくのがおすすめです。そもそも社内にチャットボットを導入するにあたっては、まずは社風の考慮を忘れてはなりません。例えば、運用部門のメンバーのITリテラシーを考慮したとき、管理面のメンテナンス性やサポートがどの程度必要かなどをまずは明確にする必要があります。また、ユーザー側の目線に立った場合、シンプルな選択肢の中でもしっかりと高い精度で答えを提示できるかどうかなどは、慎重に見極めなければなりません。

さらに、キャラクターの活用などエンターテイメント性があった方が利用の促進につながるなら、そのような要素を上手に活用するのが良いでしょう。つまり、会社の社風を踏まえた自分たちに合ったチャットボット選びをすることが重要と言えます。また、社内チャットボットは導入して終わりではありません。運用開始後は定期的なメンテナンスなくして有用な運用を行うことはできません。そのため、成果をあげるためには一定の人的ソースが必要です。専任の担当者を置けないなど人材が不足しているなら、サポート体制が充実しているサービスを選ぶ必要があります。

社内問い合わせの自動化やマニュアルの体系化を目的にAIチャットボットの導入を検討する企業が増えています。一方で、せっかくお金や時間をかけてチャットボットを導入したのに、期待した効果を得られずその導入が失敗に終わった事例も数多く存在します。そのため、そのような失敗をしないためにもその導入にあたっては事前にいくつかのポイントをおさえておくのがおすすめです。そもそも社内にチャットボットを導入するにあたっては、まずは社風の考慮を忘れてはなりません。例えば、運用部門のメンバーのITリテラシーを考慮したとき、管理面のメンテナンス性やサポートがどの程度必要かなどをまずは明確にする必要があります。また、ユーザー側の目線に立った場合、シンプルな選択肢の中でもしっかりと高い精度で答えを提示できるかどうかなどは、慎重に見極めなければなりません。

さらに、キャラクターの活用などエンターテイメント性があった方が利用の促進につながるなら、そのような要素を上手に活用するのが良いでしょう。つまり、会社の社風を踏まえた自分たちに合ったチャットボット選びをすることが重要と言えます。また、社内チャットボットは導入して終わりではありません。運用開始後は定期的なメンテナンスなくして有用な運用を行うことはできません。そのため、成果をあげるためには一定の人的ソースが必要です。専任の担当者を置けないなど人材が不足しているなら、サポート体制が充実しているサービスを選ぶ必要があります。
社内でチャットボットのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *