チャットボット診察を模索する企業

昨今の世情により、遠隔診察などの話題が取り沙汰されています。

本来は病院に行って診てもらいたい診察を、自宅から行える仕組みです。病院に行くまでが大変な事情のある人にとって助かる話ですが、目の前で医師から話を聞けるのと画面越しとでは安心感が違うと思う人も多いでしょう。なにより触診してもらえません。

口頭で言うだけで医師も判断するのですから、こちらも不安は残ります。しかし病気というものは重傷でないものも多数存在します。それは慢性的なもので、何年も同じ薬を飲んでいる場合もあるでしょう。薬は大体1か月分ぐらいしかもらえないので、数年間同じ症状だとしても定期検診として医師に診てもらってから薬を処方してもらいます。これらは必要な作業ですが、なるべく簡易化したい部分でもあります。そこに目を付けた企業がチャットボットの利用を推進しています。AIですから処方箋を診てどれを処方するか判断してもらいます。

チャットボットなので自宅からチャットで対応し、処方箋は自宅近くでもらいます。病院まで行かなくてももらえるのは、大きな利点です。チャットボットのAI部分は必ずしもその企業が開発しなくてはならないものではないので、開発されたチャットボットを使って病院に売り込む、こういうった営業が可能です。医療関係の話なので法律上の縛りなど簡単に進められるものでもないですが、こういった事に興味を持つ企業も多くなっています。昨今の事情による後押しが、この話の肝になっているかもしれません。昨今の世情により、遠隔診察などの話題が取り沙汰されています。本来は病院に行って診てもらいたい診察を、自宅から行える仕組みです。病院に行くまでが大変な事情のある人にとって助かる話ですが、目の前で医師から話を聞けるのと画面越しとでは安心感が違うと思う人も多いでしょう。なにより触診してもらえません。

口頭で言うだけで医師も判断するのですから、こちらも不安は残ります。しかし病気というものは重傷でないものも多数存在します。それは慢性的なもので、何年も同じ薬を飲んでいる場合もあるでしょう。薬は大体1か月分ぐらいしかもらえないので、数年間同じ症状だとしても定期検診として医師に診てもらってから薬を処方してもらいます。これらは必要な作業ですが、なるべく簡易化したい部分でもあります。そこに目を付けた企業がチャットボットの利用を推進しています。

AIですから処方箋を診てどれを処方するか判断してもらいます。チャットボットなので自宅からチャットで対応し、処方箋は自宅近くでもらいます。病院まで行かなくてももらえるのは、大きな利点です。チャットボットのAI部分は必ずしもその企業が開発しなくてはならないものではないので、開発されたチャットボットを使って病院に売り込む、こういうった営業が可能です。医療関係の話なので法律上の縛りなど簡単に進められるものでもないですが、こういった事に興味を持つ企業も多くなっています。昨今の事情による後押しが、この話の肝になっているかもしれません。
企業でチャットボットのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *