企業に合わせたチャットボットの選び方

チャットボットとは、チャットとボットを組み合わせた言葉で、人工知能を利用した自動会話プログラムのことを言います。

チャットはインターネットを使ったリアルタイムでやりとりできるコミュニケーションツールですが、それにボットつまり人間に変わって一定の託すや処理を自動化したプログラムであるボットを組み合わせることで、人間に変わってリアルタイムでユーザーと人間に変わって人工知能がやりとりすることが可能になります。

企業でも徐々にチャットボットを導入するところが増えてきているツールです。企業でチャットボットを導入したいという場合には、マーケティング支援に利用するのか、問い合わせ対応に利用するのかによって選び方が違ってきます。チャットボットごとに特徴は異なるため、企業ごとに吟味した上で適切なものを選んでいくことが導入を成功させるポイントです。種類はAI型かシナリオ型の2種類に分けられます。AI型は、会話や単語からユーザーの好みを学習することができ、文章の意味を理解した上で対話が可能となっています。

対して、シナリオ型はあらかじめパターン化された範囲でのみ会話することができます。導入した企業があらかじめシナリオや単語の応答方法を入力しておきます。パターン化にもいろいろあるため、それも選んでいきます。チャットボットは、製品によってサポート体制が異なってきます。そのため種類だけではなく、サポートも充実した製品なのかもチェックした上で導入することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *