企業に使われ始めているチャットボット

ボットというと悪い印象を持つ人もいるかもしれません。

おおよそ、人のする作業を人に見せかけてロボットが担当しているものを言います。チャットボットは主に、企業のお問い合わせ窓口で使われ出したテクノロジーと言えます。まず業種によって問い合わせの比重が大きいものがあります。例えばインターネット回線の会社など、ネット回線が上手く繋がらない場合にはかなりの数の問い合わせが発生し、電話を取ったオペレーターは長時間捕まるでしょう。

それで口頭でどの様な障害か、状況を確認し、解決策を探します。これは非常に労力のかかるものです。ここに非常に有用なのがチャットボットで、まず電話の問い合わせをLINEなどのチャット環境に誘導してしまいます。そこで機械的に症状を切り分ける事が出来ます。LINEならボタンを押す事も出来ますし、繋がっていない、それは常時なのか一時的なのか、など予め聞いておきたい事が簡単に聞けるのです。そして各種の質問を追えたあと、AIで判断してこうすれば直るのでは、というサイトURLを提示し、それで問題が解決すればオペレーターいらずになります。

これがチャットボットをたくさんの企業が採用している理由です。もちろん昨今のAI技術の向上がそれを可能にしてくれたのは言うまでもありませんが、チャットコンテンツであるLINEがこれだけ普及してきたのも、使える様になった理由の一つと言えるでしょう。企業にとって、なにより人件費を抑えられるのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *