チャットボットを活用する企業

AIの進歩により、企業へのお問い合わせ対応がAIに任せられる時代になりました。

もちろんなんでもかんでも回答出来る訳ではありませんが、しかし使ってみると意外と有用だという事が知れるはずです。現在これらのチャットボットを活用している企業は増えており、今後も増大していくでしょう。少し不安なのがクレーマー対応で、とりあえず人に文句を言いたい様な人はチャットボットに繋がれると怒ってしまうかもしれません。そういう人の感情はチャットボットには抑えられないので、速やかに担当者に繋いであげる必要があります。

適材適所です。どの辺りに有効かと言えば、症状の切り分けが必要なサポートに対してとても効果を発揮します。チャット上での対応なので、システムによりますが選択肢を選んで進んでもらう事が出来ます。どの業種の企業かによりますが、例えばネットに繋がらないのか、機器が壊れてしまったのか、ボタンが反応しないのか、それらの情報があるだけである程度判明出来ます。消費者は簡単なFAQも見ずに問い合わせてくる事が多いです。

チャットボットがそれらの状況を切り分け、FAQに誘導してあげる事で最終的にサポート担当者に繋がずに解決する事が出来ます。そもそも本来、問い合わせの大多数はよく説明書を読めば解決する事が多いのです。無料だからとりあえず聞いてしまおう、そういった考えの消費者が多く、そこに人件費を取られるのも悲しい話です。そこでチャットボットの活用により、問題を大きくしないまま解消してしまおう、というのが正しい使い方です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *