チャットボットの企業内効果

チャットボットとは、チャットとボットが組み合わさったシステムです。

具体的には、プログラムによる自動会話システムを意味します。現在は様々な企業で導入されており、カスタマーサポートの一環として活躍しています。現在のチャットボットには、社外向けと社内向けのタイプに分かれます。社外向けはカスタマーサポートで使われ、社内向けは社内FAQやヘルプデスクに導入されています。当システムを導入することで、コストの削減につなげているわけです。また、社内の場合は社員の利便性向上になるので、仕事の効率化が図られます。

特に新人教育の手段として、活躍が大いに期待されます。カスタマーサポートでは、大量の顧客に対応する必要があるので、スタッフの業務軽減にもなるわけです。チャットボットが社外向けや社内向けで活躍することで、人員による業務負担の大幅な低減が図られます。それゆえ、担当スタッフの負担の軽減と共に、人員コストの削減にもなるものです。

昨今、メールやラインなどのコミュニケーション手法が普及しています。その中では、生身の人間とコミュニケーションを図るのに抵抗を覚えるケースも少なくありません。そのような場合、チャットボットであれば誰もが気軽にアプローチできるわけです。ユーザーと企業の接点が増えることで、親近感も増すという効果も得られます。企業の社内においても、社員は上司や同僚に尋ねるよりも気軽に問い合わせることができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *