企業が取り入れているチャットボットとは

最近多くの企業が取り入れているチャットボットは、ユーザーと企業を繋ぐコミュニケーションツールとして注目されています。チャットボットとは、対話を意味するチャットとロボットの2つの言葉を組み合わせたものです。これまで人間が対応していた企業のお問い合わせ対応や注文対応を、ロボットが自動的に回答を行う機能になります。文字入力や音声に対して適切な応答をしてくれるのが、チャットボットです。

ホームページやメッセージングアプリでチャットボットを利用するメリットはいくつかあります。一番大きなメリットは、これまでカスタマーサポートの業務にかけていた人的コストが削減できることです。予め想定される問い合わせ内容に対して回答を登録しておくことで、登録されている問い合わせ内容をボットが代わりに答えてくれます。想定されない問い合わせに対してはこれまで通り人間が対応する必要がありますが、それでも多くの人員を配置する必要がなくなり人的コスト削減が可能です。

ホームページを見てくれているユーザーやアプリを使っているユーザーとの接点が増えることが、二つめのメリットです。ユーザーがボットを利用して問い合わせなどを行えば、これまでメールなどでの対応だったものがリアルタイムで企業からの回答を受けることが出来ます。3つめのメリットは、ユーザーがあれこれ調べる必要がなくなることです。これまでホームページやQ&Aなどを見て調べていたことが、ボットに聞けばすぐに回答を得ることが出来ます。

ユーザーにとって大きなメリットでもあり、企業側もユーザーのニーズを収集することが出来るのも大きなメリットと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *