チャットボットを社内で導入する場合の注意点

管理部門や問い合わせが多い部門の負担を減らすために、チャットボットを社内で導入する動きは広がっています。ですが、導入して大幅に負担が減ったと思う会社もあれば、導入したのにあまり効果がなかったと感じる会社もあるようです。それで、どんな点を工夫するとより有用なものを作ることができるかに着目することで、会社をよりよくするシステムの導入に資することができるでしょう。まず大切になるのが、社内向けのチャットボットが全ての質問に答えてくれるかのような過剰な期待をかけないことです。

部門にかかってくる全ての質問に答えられるようなシステムを構築することは不可能なので、よくあるお問い合わせに絞ったり、一次対応レベルのものに特化したものとすることとともに、使用できるレベルをアナウンスしておくことが大切です。また、特に大企業など情報システム部門を単独で設けている場合、チャットボットの仕様が社内の一般的なレベルと合わないことが生じえることにも注意が必要です。大企業の情報システム部はITの知識や経験が豊富であるため、逆に質問してくる社員のレベルがわからず、他部署の社員が期待している部分以外を強化する可能性があるため、横との連携を図って導入することが大切です。また、人ではなくシステムからの回答となるため、機械的な冷たさを感じがちになります。

それで、チャットボットを社内のコミュニケーションに生かせるよう、ボット自体にキャラクター設定をしたり、語尾が紋切り型にならないようにするなどの工夫が大切になります。社内でチャットボットのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *