社内でチャットボットを利用する利点

テキストや音声を通じて、オンライン上で自動的に会話するプログラムであるチャットボットを利用すると、社内の問い合わせに対して自動で対応することが可能です。社内でチャットボットを使用する際、自動的に会話する方法は大きく分けて3種類存在します。人工無脳型となるルールベース型と人工知能型となる機械学習型、ハイブリット型となり、ルールベース型に関しては、事前に予測される質問と答えをプログラムし、シナリオに沿って自動的に回答するよう作成されました。予測される同じ問い合わせに対して回答を自動化することが可能なため、業務を効率化できるといえるでしょう。

機械学習型に関しては、AIがあらかじめ入力したデータを学習して解析し、質問内容の答えとして適切と予測される回答を導き出すよう作成されました。ルールベース型より複雑な質問にも回答できるメリットがあり、自ら学習することで、回答の精度がより優れたものに高まるという特徴があります。ハイブリット型については、質問内容に自動で回答し、自動で応答できなかった場合は人間が質問に回答することができるよう作成されました。自動で回答を行うことができなかった場合、人間が対応を行った履歴をもとに構成を修正すると、精度を上げることができます。

社内でチャットボットを使用すると、わからないことをスムーズに自己解決することが可能になるため、問い合わせ担当の社員の労力を減らすことができ、残業時間の削減につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *