社内チャットボットの活用

人的コストがかかりがちな社内問い合わせ等をチャットボットを利用してコストカットする方法があります。毎月給与時期に必ず増えてくる質問である残業代の計算方法や、年末調整の時期の説明等をチャットボットで質問・回答できるようにすると、その質問に対応する人的コストがさける事になり、経理部などの本来の本業である経理業務などを効率的に行うことが出来るようになります。また、問い合わせをする方も、例えば就業規則についてたくさんの契約書の中から該当の部分を探し出し確認するような作業を行う必要がなくなり、業務を効率的に行えるようになります。将来的には社内だけではなく、社外に対応する場合も、この社内で蓄積されたノウハウをつかってチャットボットを利用することも可能です。

ユーザーからの問い合わせの一時窓口としてチャットボットを利用すると、コールセンターの縮小も実現できますし、問い合わせ一覧を文字として残すことが出来るので情報の共有やノウハウの蓄積にも大変有功な手段です。学習しながら対応していきますので、導入直後よりも、導入してから運用しはじめて様々な対応を行っていく中でより精度の高いものを作っていくことができます。また最近リモートワークを導入している会社も増えていますので、問い合わせも電話やメールで行う事になり、電話代などの余計なコストがかかってしまいますが、チャットボットであれば世界中どこにいても簡単にアクセスすることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *