失敗しないチャットボット の社内活用

チャットボットとは、ユーザーの問い合わせに対して自動で返答・会話してくれるサービスです。社内の問い合わせにも活用することができ、業務効率を高めたいという企業にはおすすめです。そんなチャットボットを社内で活用したい場合、種類などを考えなければ導入に失敗してしまうケースもあります。失敗を避けるためには、チャットボットの種類を知って社内で活用するのに向いているのものを選ぶことが重要となります。

導入する場合にコストを抑えたい場合には、初期費用が無料のサービスがあるためそれを選ぶことが良いとされています。初期費用が無料でもオプションで機能を追加できるため、自社似合ったカスタマイズができます。また、よくある質問だけを処理したいという場合には、AIが搭載されていないシナリオ型のものを選ぶと良いとされています。シナリオ型はあらかじめ設定しておいたシナリオに従って質疑応答するのが特徴で、社内の良くある質問に答えるだけなら十分に役立ちます。

比較的リーズナブルに活用することができるというのもメリットです。また、社員の満足度や業務効率を向上させたいのであればヘルプデスク対応の機能があると便利です。社員から良くある質問に自動応対することで、いつも質問に答えていた社員がメイン業務に集中できるようになり生産性を向上させることができます。選ぶ際には、サービスを提供する側が提供するサーバーを通して使用するクラウド型か、自社のサーバーに設置できるオンプレミス型かなどにも注意して選んでいくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *