チャットボットを社内で活用する方法

チャットボットとは、人間同士がインターネットを通じてリアルタイムにやり取りするためのツールであるチャットと、一定のタスクや処理を自動化するためのプログラムであるロボットとを組み合わせたものになります。人工知能を組み込んだコンピューターが、人間に変わって対話することによって様々なメリットがあります。チャットボットはカスタマーセンターなどの顧客に対しての活用のほか、社内でも活用することができます。チャットボットを社内活用するメリットは、管理部門の業務の負担を減らすことが挙げられます。

経理・総務・人事などの管理部門は、社内の各部署から様々な質問がきます。しかし、それらの質問は社内マニュアルに乗っているような質問がほとんどです。そのような問い合わせに対して対応していると、管理部門の社員の負担になってしまいます。チャットボットを活用すれば、マニュアルで対応できるような質問は自動に答えてもらえるようになります。

業務負担が解消されれば、メイン業務に集中する時間を確保しやすくなることにつながります。また、問い合わせた方も質問者が盥回しにされにくくなることで、スピーディーな自己解決によって時間のロスを減らすことができて生産性をアップできます。ただし、社内で活用する際に重要なのが、チャット上だけで解決することが難しい問題に対しては、チャット以外の問い合わせ方法に誘導する、導入して終わりではなく定期的なメンテナンスを行うなどすることが導入を成功させるポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *