社内チャットボットの活用例

チャットボットを社内で活用する企業が増えています。どちらかと言うと大きな企業に多いと言えるでしょう。大企業は多くの社員が属しているため、業務のちょっとした疑問点などで総務に質問が行きがちです。たとえば、タイムカードの書き方で疑問があった場合総務に確認を入れますが、こういったものは社員用の資料に載っていたりするのです。

にも関わらず、分からないから聞いてしまえとばかりに質問をしていたら、総務も自分の作業を進められません。これが10人や20人もいた場合は大きな問題になってしまうので、チャットボットによる社内問い合わせ対応が注目されているのです。チャットボットはチャットにAIで自動で返事をする仕組みです。当然の事ながら、全てをAIが判断してくれる訳ではありません。

覚えさせなければならない事は多いですが、一度覚えてしまえば機械なので忘れる事もありません。社内で発生する質問について、社員用資料からデータを作っておけば、その質問を20人からされたとしても全てチャットボットが対応してくれるという訳です。チャットボットは疲れもしませんし休む必要もありません。こういった存在が、特にすぐ答えられるような簡単な質問を吸い上げてくれるので、総務の人も自分の仕事に集中出来るのです。

たまにAIで判断出来ない質問も来ますが、それぐらいは総務の人が対応しましょう。想定されていない質問に答えられないのがAIの限界なのです。社内でチャットボットのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *