システム管理担当の負担を減らす社内チャットボット

パソコンを多く使っている業務でありながら、パソコンに詳しい人があまりいない会社というものは沢山あります。パソコンは最初に一度設定しておけばとりあえず用をなすため、毎日同じソフトを使っているだけで、色々とシステムをいじらない場合は知識が必要ないからです。場合によっては社内にいるパソコンに詳しい人がシステム管理担当にされ、ネットがおかしかったら呼び出され、ソフトをインストールするのにも呼び出され、時間を使わされます。そういった作業を出来るだけなくすために使われるのが社内チャットボットで、よくある質問に対する回答などをあらかじめチャットボットのAIに登録しておく事で、疑問の浮かんだ社員が自分で解決出来る様にフォローする仕組みです。

ありきたりな質問というのは文章で回答してもらえるだけで解決するだけでなく、同じ質問を大勢がして、何度もシステム管理担当を煩わせる事にもなりかねません。社内での質問なので社外に持ち出す訳にもいかず、そういった場合は大抵誰もが忙しいので頼れる人もいません。そこでチャットボットに質問を受け付けてもらう事で、少なくとも一時対応としてのすぐ答えられる質問はチャットボットが受け付けてくれます。そこで解決出来れば一番ですが、出来なかったとしてもそこを通過する質問というのは少なくなっている為、システム管理担当の手が少しは浮く結果になるのです。

聞けばすぐ分かる質問は、覚えずに繰り返し聞いてしまう人は居るものです。そういった人から割り込みばかりされないように、社内チャットボットは有効な手段と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *