社内ヘルプデスクにチャットボット

チャットボットは、IT分野で現在注目されているプログラムです。会話を意味する「チャット」とロボットの「ボット」を組合わせて、チャットボットと言います。具体的にはチャット内で問い合わせをした内容などに対し、チャットボットに搭載された人工知能AIや機械が反応し、相応しい回答を行うというシステムです。一般的にはパソコン内やスマートフォン画面上でやりとりをします。

これを導入することで問い合わせとその回答の時間が短縮され、時間効率がアップすると考えられているのです。注目されている分野は、社内ヘルプデスクの役割をチャットボットが担うというものがあります。社内システム利用中のトラブルで簡単なものは、すべてシステムで対応するというものです。社内ヘルプデスクをチャットボット化することで、24時間いつでも対応が可能となるというメリットが発生します。

そのためいつでもトラブルに対処することが可能となり、業務効率アップが狙えるのです。問い合わせをヒアリングするシステム担当者を電話の前で待機させる必要もなく、人員削減にも役立ちます。難解な問い合わせのみ解決できるエンジニアを残せば、トラブルも容易に解決する事が出来るでしょう。社内システムを起動させれば問い合わせが出来るチャットのメリットを活かせば、数タップの行動で問い合わせが完了します。

システムを使い慣れていない社員でも、十分にヘルプを使いこなすことが可能となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *