社内チャットボットの活用事例

社内用システムとして現在注目されている技術が、チャットボットの技術です。チャットボットにはAIや独自のシステムが搭載されており、ユーザーからの問いかけに自動で対応することが出来ます。これまで、社内のヘルプデスク業務はオペレーターやエンジニアを必要としていました。しかし、窓口をチャットボットにすることでこの待機人員コストを削減することが可能となります。

ボットですから、システムが起動していればいつでも対応が可能となるという点も、非常に魅力的な点です。24時間、問い合わせに対応出来るのですから、企業にとっても非常にメリットが大きいと言えます。社内向けのチャットボットサービスは、現在さまざまなベンダーが提供中です。社内ヘルプデスクとしてボットを活用すれば、人員削減はもちろんですが、発生しやすいトラブルの事例を集約することも可能となります。

時間帯やシステムごとなどに区分しておけば、システムの大きな力となるでしょう。トラブルシューティングの際に、蓄積された情報があればよりスムーズに対処が出来るようになります。こういったナレッジとして最終的には利用することも可能です。社内向けヘルプデスクチャットボットサービスは、現在さまざまなベンダーが提供しています。

自社での独自制作よりもコストがかからないなどのメリットがある場合は、導入を検討するのも良いことでしょう。社員が使いやすいボットを設置することが、最も大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *