チャットボットを有効活用した事例

チャットボットを利用した人員の削減に成功している企業が出始めています。事例を挙げると、まず配送会社では一番手間となっている再配達を防ぐ為に利用されているのです。いくら時間指定がしてあっても、その時間に不在が多い為に再配達が発生しています。運送会社では、向かう前にチャットボットを利用して連絡を取ります。

チャットが届いた人は、今在宅しているか、していなければいつならいいかの返事をして、運送会社に知らせます。駄目なら向かわなければいいですし、新しい指定時間を聞いたならその時間に運ぶようにするのです。こういった事例が広まってから、他の運送会社でも使われる様になりました。一応、最初に勝手に登録される部分があるので不安に思う利用者もいましたが、運送会社というものは名前が売れているので不安は取り除かれます。

そして電話番号から割り出してチャットへ誘導する際も、やりたくない人には強制ではないのでその辺はしっかりとしたルールになっているのです。他にも家電のお問い合わせ対応などの事例もあり、チャットボットは本格的に使われ出しています。特にチャットで答える選択肢が少ない業種や問い合わせには相性が良く、また選択肢をボタンとして表示出来るので従来の音声ボットなどとは一線を画す活躍を見せています。実際に問い合わせ対応スタッフを削減出来た事例も多く聞かれているため、今後ますます使われて行くテクノロジーと言えるでしょう。

チャットボットの事例のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *