チャットボット作成ツールの利用

チャットボットを利用した営業などは既に多くの企業で使われています。AIによる人工知能が人間と会話するというのは、SFの世界では昔から表現されてきました。しかしいくらAIが進化したと言ってもまだまだ会話は出来ないだろう、と思っていたところに非常に相性が良かったのが文字での会話、チャットです。会話が文字になってくれれば、プログラムによる判別で音声に比べて遥かに正確に内容を読み取れるのです。

そしてまた、選択肢をボタンにする事もチャットでは可能なので問い合わせ対応、営業支援などでかなりの活躍を見せています。こういったチャットボットは、プログラム開発をして一から作るのではなく、既に公開されているツールを使うことで簡単に導入できます。ツールと言っても各社から出ているパッケージの様なもので、向いている分野など特徴があり、自社が使いたいツールを選ぶと良いでしょう。チャットボットはあくまでもプログラムなので、初めに問い合わせの回答などを入力する必要があります。

入力通りに答えられる事が確認出来たら、応用編に入るのです。そういったものも含めてツールは出来上がっており、まだまだ市販されているというよりはプログラム開発のうちなので、担当者が付きっきりで教えてくれます。どのツールがこれからシェアを広げていくか、今の営業次第の部分があるため、各社力を入れて宣伝し、その性能を訴えています。相性の良いサービスを見付けて利用していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *