チャットボットはビジネスに多様性を持たせるツール

チャットボットとは、主にテキストを用いてインタラクティブに自動で会話をするプログラムのことです。テキストで会話をするため、主にパソコンやスマホなどの端末上で稼働します。人間が質問をし、人間のオペレーターが回答するのではなく自動的に答えを返すのがツールとしての主たる役割です。現在、開発され実用化が進んでいるチャットボットはある程度パターン化された質疑応答、あるいは一定のシナリオを想定した問答集が内蔵されているシステムと考えることが出来ます。

単純な例をあげると、今日が何月何日の何曜日であるかを尋ねたり百科事典にも掲載されているような事物についての質問について回答するようなプログラムです。しかし、現実にはさらに進化したツールとして用いられつつあります。たとえば、大規模な商業施設を利用する場合、何処に目的の施設があるかを案内マップを使って調べると時間がかかります。そのようなときに、利用したいサービスや買いたい物をチャットで質問すると該当する施設がある場所を答えてくれるといった案内係のような機能をもつチャットボットも登場しつつあります。

さらにチャットボットがさまざまな営業支援ツールとして有効なのは、機械が回答するので24時間対応が可能であること、小さな企業でもオペレーターの人数をカバーできることと言った点にあります。答えが決まっている質問を頻繁に繰り返されても正確に効率よく回答できることから、交通機関の案内などへの導入も考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *