チャットボットで接客業務の負担軽減

チャットボットを導入することで、企業の顧客からの問い合わせに対する接客業務の負担を大幅に減らすことができます。企業には、ホームページを見た顧客などから日々大量の問い合わせが来ますが、その問い合わせのほとんどは、聞くまでもないような基本的なことだったりすることが多いです。ちょっと調べれば自分で解決できるようなことを、わざわざ問い合わせてくる人というのが意外に少なくありません。それでも企業としては失礼な接客をするわけにはいきませんから丁寧に対応するわけですが、これに膨大なコストが割かれてしまうのはもったいないです。

チャットボットを導入してコンピューターに接客をさせれば、上記のような問題はかなり解消することができるでしょう。チャットボットは、顧客からの質問に対してAI(人工知能)を駆使して的確に回答をしてくれます。昨今のAI技術の発達は目覚ましいものがあり、チャットボットはかなり正確に質問の意図をくみ取り解決策を提案することが可能となっています。もちろんボットが解決できない案件も出てきますが、その時こそ人間のオペレーターが対応すればいいわけです。

チャットボットのいいところは、人間と違い24時間365日いつでも稼働させることができるところでしょう。残業代などを支払う必要もありませんし、どれだけ働かせようと過労で倒れたり文句をいってきたりする事もありません。業務についての教育をする手間もかからないので、素晴らしい戦力になってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *