WEBマーケティングでも利用できるチャットとは

ホームページはWEBマーケティングのツール、自社製品やサービスをホームページで紹介することでそれに興味を持ってくれたお客さんが利用してくれる、しかも営業などがトークすることなくホームページで欲しいものを選んだ利できるメリットがあります。極端なことをいえば、従来のような営業トークなどをせずに商品が売れる、サービスの利用が見込まれるといっても良いわけですが、問題はホームページにアクセスしてくれるユーザーをどのように集客するのか、これがWEBマーケティングの難しさの一つになっています。検索連動型広告・SEO対策・ランディングページなどWEBマーケティングでは様々な工夫や媒体を利用することで集客力をアップさせることができるわけですが、最終的には商品が売れるサービス利用が行われるなどになるけれども、今の時代は売れば終わりではなく売った後のフォローなども必要不可欠です。お客さんから問い合わせがあることは売上に繋がるチャンス、この問い合わせは電話やメールなどで行うことができるのが一般的ですが、問い合わせをしたいときチャットの機能が活用できるか否かでお客さんの行動も変わることがあります。

チャットの場合は、文字を入力して送信するだけでお客さんとの会話ができるようになります。ただし、自社からお客さんにチャットへの招待をするわけでなく、あくまでもお客さんからといった具合に顧客目線のツールがチャットです。そのため、ウェブマーケティングのツールの一つとして注目が集まっていて様々な業界の中で活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *